貯金よりも返済を優先しよう

借入金を完済するために節約しよう

余剰資金は全て借金返済に充てること

お金

借金返済の努力を重ねている方に質問ですが、もしかすると貯蓄と借金の返済を併用していませんか。 このような取り組みをしている人は注意が必要で、本当に納得した上で貯蓄と借金返済をしているのか今一度考える必要があります。

確かに、一度借金をしてしまった身なので、できるだけ貯蓄を残しておきたい気持ちはわかります。 そもそも、収入に余裕がないから借金をしてしまう可能性が高いので、しっかり借金を返済しようと思ったのならば、それほど貯蓄にまわせる余裕がないはずです。

借金だけをそのまま返済していくのならば、どんなに長い期間がかかったとしても、最終的に完済できればよいでしょう。 しかし、そんな都合の良い話はなく、借金には金利というものが関係してきて、支払い期間が長くなればなるほど金利分の余計な出費が膨らんでいきます。

そして、貯蓄も出入りの違いはあるもの、金利が関係していて、貯蓄をしていれば一定額の利息がついていきます。 しかし、この利息を目当てで貯蓄をしているというのならば注意が必要で、借金と貯蓄の金利、これはどちらが高いか比べるまでもありません。

金利を考慮すると返済が先

圧倒的に借金をした場合の金利が高く、少ない貯蓄の利息を求めるくらいならば、スピーディーに借金を返済して、それから貯蓄を開始した方が効率的に貯蓄を行っていけるのです。

あくまでも、もしものためのお金として一定額の貯蓄をしていくのはなんら問題ありませんが、借金整理をしてい最中にも拘わらず利息に期待して借金の支払いを後回しにして貯蓄するのは無駄といえるでしょう。

このように貯蓄の観点から考えても、一刻も早い借金の返済が望ましいということがわかるので、やはり返済計画を立てる際には借金返済を中心に生活を成り立たせていく意識というものが必要ではないでしょうか。

人によっては、少しずつ貯まっていく貯蓄が糧になって借金返済を続けられるという人もいらっしゃいますので、必ずしも否定はできませんが、金利についての差は覚えておくべきです。

特に現在は、貯金をしたとしても低金利のため、貯金による利息取り分は微々たるものと言えます。 もし、頻繁に銀行ATMを利用しているのなら、その利用手数料の方が高くなることも多々あります。

ですので、賢い借金返済方法は、貯金の利息による収入は度外視して借金返済を率先して行うという方法です。 お金を貯めるのは、借金返済が完済してからにした方が良いでしょう。

完済した後であれば、今まで借金返済に充てていたお金を全て貯蓄に回すことができるので、早期にある程度の金額を貯めることができます。 借金返済をしつつ貯金もするというのは、賢い選択肢ではないという事を肝に銘じておきましょう。

バイトで稼いで借金返済

結婚を約束したフィアンセがいます。 その女性とは、今年の秋から同棲をするという話になっています。 近い将来には婚姻届を役場に出して籍を入れようと考えています。 ですが、僕には借金があり、現在その返済をしている最中です。

彼女の事を考えるたびに、「早く今抱え込んでいる借金を返済しなくては」と焦ってしまいます。 その借金返済の事は今でも彼女には打ち明けていません。 打ち明けたら破局を迎えるのではと怖くて言い出せないのです。

今現在の借金総額は40万円程度です。 その内容は、クレジットカードでの買い物で作ってしまった10万円と月賦払いで買ったギターの支払い10万円です。 いつもデートの時は、自分が費用の全額を持っているので、きっと自分に借金があるとわかったら彼女はビックリするでしょう。 一緒に住み始めると自分に借金があるとばれてしまう可能性があります。 だから、同棲する前に借金返済を終えたいと思っています。

でも、僕は現在は派遣社員です。 残業はほとんどないので、給料ははっきりと言って安月給です。 だから、普段の生活は徹底的に切り詰めて少しでも早く借金の返済を終わらせるための努力をしています。 派遣の仕事が終わった後の平日の夜に、飲食関係のチェーン店でアルバイトをやり始めました。 週末はデートで彼女に会うかもしれないので、バイトのシフトは入れていません。

アルバイトを始めてから借金返済が加速しました。 先月はバイト代で8万円を稼いで、その全額を借金の繰り上げ返済に使いました。 彼女との同棲までには、まだ半年あるので、その前に借金の全額返済ができそうです。 派遣の仕事が終わってからのバイトなので体力的にきついですが、若いので何とか乗り切れそうです。 [追記]

マイカーローンの借入

マイカーローンと一括りに言っても、実際には様々なタイプがあり、借入と借金返済について考える必要があります。 車を購入する際に気軽に利用できるのが、購入する自動車メーカーのディーラーローンです。 ディーラーローンは、大手クレジット会社と業務提携をしており、実際は自動車メーカーとの契約ではなくクレジット会社との借金契約になります。

審査内容は基本的にはクレジットカードを作る時と同じです。 過去に借金返済で金融事故を起こしていなくて、会社勤めなどをしていて毎月安定した所得があるのであれば、審査は問題なく通ります。 ディーラーローンは、車を購入した際にディーラーで手続きがでるので、わざわざ自分で借金をするための金融機関を探さなくて済みます。 また、手続きもディーラー営業マンがほとんどの事をやってくれるので、車を購入される方は住所氏名を書いて印鑑を押すだけで借金ができます。

ただし、良い事ばかりではありません。 クレジット会社と顧客の間に中間業者としてディーラーが入ってくるため、その分、借金返済時の貸付金利は高くなります。 要は自動車ディーラー会社がローンの面倒を見てくれるが、その分の手数料を支払うという形になるわけです。 だから、もっと低金利で借りたいという方はディーラーでは借金をしてお金を借りない方が良いです。

マイカーローンを提供している金融機関には、銀行に信金、そしにJAや労働金庫などがあります。 この中で、農家でJAと付き合いがある方はJAを、地域密着型の金融機関としては信金と労働組合がオススメです。 仕事上、取引のある金融機関がある方は、そこを利用しても良いでしょう。

ローンで借金をする際のポイントは、借りすぎない事です。 借りた後に借金返済をしなければならないので、できるだけ少額借り入れになる様にしましょう。 借金の返済ができなければ車を売ればいいやなんていうのは誤った考え方です。 新しくても人が乗ったら中古となり車の価値は大幅に減ります。 その結果、車を売ったお金では全ての借金の返済を終えることはできません。 [追記]

旅行費用を調達するのにキャッシングを使用

大学を卒業する前に、友だちに卒業旅行に誘われました。 友だちはちょっといいところの子で、私より明らかに裕福な暮らしをしているみたいです。 私は貯金が全然なかったけど、借金をして後々返済があることになってもどうしても旅行に行きたかったんです。

そんな時に目にしたのが、キャッシングの広告です。 学生でも安定したバイト収入があれば借りられるんだそうです。 借りた後に頑張ってバイトをして返済をすればいいと思い、生まれて始めての借金体験をしました。 旅行はそれなりに楽しかったんですが、なんといってもこの借金返済がストレスとなりました! お金を借りているという負い目がずっと付きまとっていました。

一括で借金返済をしたかったけどそれはどうしても無理です。 結局1万円ずつ、ちまちまと借金返済しました。 そうこうしているうちに社会人となり、またもや次の借金ピンチです。

今度は友だちの結婚式への招待です。 お金の工面をどうしようかなと思った時にキャッシングのことが頭をよぎります。 悩んだけど2回目の借金です。 なぜか今度はあまり罪悪感がありません。

前回はぎりぎりの10万円を借りていたのですが、今度は祝儀以外にもドレス、エステ代など余裕を持って20万円も借りてしまいました。 本当はこんなに借金をしてお金を借りる必要はなかったんですよね。 今は地道に借金返済をしていっている最中だけど、段々返済することに慣れていることが怖くなっています。

また次の借金ピンチが来たときに、誘惑を断ち切ることができるのかが不安です。 早く債務が無い返済とは無縁の状態になって、前の生活に戻って今度は貯金生活を送りたいです。 [追記]

まさか奨学金きっかけで借金地獄になるなんて!

自分は全然、借金返済をしている自覚はありませんでした。 よく考えれば確かに奨学金も立派な債務、学生の時に色々と手続きをして、自分が借主となる契約をした覚えがあります。 でも取立てなんてなかったし、学校の費用のために借りたものだからって、他の支払いより返済は後回しにしていました。

クレジットカードの支払い、税金の支払い等、全て奨学金の返済より優先させていました。 最初は真面目に返済をして支払っていたのですが、ついつい自分の遊びのお金を優先してしまうようになっていました。 でも借金返済はちゃんと続けていたし、自分がまさかお金に苦しむことになるなんて思ってなかったんです。

あるとき気に入った車をローンを組んで購入しようとした時のことです。 そのローンの審査に通らないのです。 「借金返済もない!」ましては「返済遅延なんてもってのほか!」そう思っていた私にとって、ローン審査が通過できないのは全然納得いきません。

でも自ら自分の情報を調べてみたら、やっぱり奨学金が原因でした。 何ヶ月も滞納したのが原因だったようです。 奨学金が借金なら、私はそれを踏み倒そうとしたかなり危険人物です。 そんな人物に金融機関はお金を貸すことがないのです。

一度滞納の情報が信用情報機関に登録されると、数年経たないと消えないそうです。 借金ができないので、しばらくは車の購入をあきらめました。 この先、住宅ローンを組む必要性も出てくるだろうし、奨学金を含め借金返済に集中するようにします。 お金がないのに、使うことばかり考えてはいけませんね。 [追記]

・経済関連の時事
準強制わいせつ罪の医師 初公判で無罪主張
日経新聞社員 女優やモデルなど連絡先100件以上入手か
パナマ文書 日本の一般市民の個人情報を悪用 実態明らかに
混雑緩和へ 浅草で観光バスの乗降分離実験始まる
基準下回る運賃でバス契約 旅行会社2社を業務停止処分
運転に不安感じたら免許証返納を 高齢者に呼びかけ
新潟 関川村 養鶏場のニワトリ 31万羽処分 鳥インフルエンザ